発症する原因は?

双極性障害が引き起こされる原因は、まだはっきりとはわかっていません。
しかし、その中でも、遺伝的要素や環境的要素といったものが、深く関係しているのではないかと言われています。

例えば、遺伝的要素についてですが、これは遺伝子が関係しているために発症するのではないかという考えです。
これは、1つの遺伝子で起こるというわけではなく、いくつかの遺伝子が組み合わさることによって発症すると考えられています。
一卵性双生児と二卵性双生児とで、双極性障害発症の一致率を比較した研究データがあります。
比較した結果、一致率は一卵性双生児のほうが高いということが判明しました。ただ、それでも100%ではないので難しいところです。
しかし、100%でなくとも、遺伝的要素が発症に関係しているということは言えるでしょう。もちろん、遺伝的要素のみで発症するというわけではありません。

また、育ってきた環境や人間関係・職場環境などといった環境的要素も発症に関係していると言われています。
特に、慢性的なストレスが原因の1つとして挙げられています。ですが、発症する過程については明らかにされていません。

このほかにも、発症する前の元々の性格も少なからず関係しているようです。
双極性障害患者の発症前の性格として多かったのが、社交的で気が利き、かつユーモアを持った人だそうです。
それに加えて、現実的な志向を持った人が多いと言われています。

もちろん、このほかにも生活リズムの乱れなども関係しますし、多くの場合はうつから始まると言われているので原因はさまざまです。
何にせよ、自分自身に躁状態やうつ状態などの症状が見られた際は、専門医にすぐ相談するのが懸命です。