増えています

現代社会は、ストレス社会と呼ばれています。これは、さまざまなことが原因でそう呼ばれているわけですが、一番は仕事に関する問題が大きいのではないでしょうか。
最近では、メディアでも「ブラック企業」という言葉をよく耳にするように、労働条件が良くない企業は増えています。
ただでさえ、日本人というのは世界的に見ても、よく働く人種だと言われています。その上、残業代のでない残業を強いられたり、休日出勤を強いられたりすることもあります。
また、それだけではなく、人間関係の悪化などによっても、ストレスを抱えている人はたくさんいるのです。
そこで、そのストレスをきちんと外へ発散することができる人ならばまだ良いですが、人によってはどうしても1人で抱え込んでしまう人もいます。
そういった人に懸念されるのが、「うつ病」の発症です。うつ病は、そういった不安やプレッシャー、ストレスなどが大きく関係していると言われています。

しかし、最近ではうつ病の定義が幅広くなっており、診断が困難な状況になりつつあります。
例えば、双極性障害と呼ばれる症状があります。この双極性障害と呼ばれるものは、以前は「躁うつ病」と呼ばれており、うつ病の一種とされていました。
しかし、現在では双極性障害と呼ばれるようになり、一般的なうつ病とは区別して考えられています。
では、この双極性障害は、どういった症状が見られるのでしょうか。このサイトでは、その点についてピックアップしてお話していきます。

  • うつ病との違い

    うつ病との違い

  • こんな人は危険かも

    こんな人は危険かも

  • 診断が難しい

    診断が難しい

  • 別名躁うつ病

    別名躁うつ病

  • 躁状態について

    躁状態について

  • 発症する原因は?

    発症する原因は?

  • うつ病との違い

    適切な治療を受けよう

  • どんな治療法?

    どんな治療法?